慢性疲労症候群の患者の記録


by spika99
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

慢性疲労症候群(CFS)は、ヨウ素不足あるいは甲状腺の問題によって発展する可能性がある。

慢性疲労症候群(CFS)は、ヨウ素不足あるいは甲状腺の問題によって発展する可能性がある。

https://jp.sputniknews.com/science/201803224695836/

オランダのフローニンゲン大学の学者たちが発表した。

研究結果は、Frontiers in Endocrinology誌に掲載された。

近年、長期的な不眠症、疲労、頭痛を訴える患者の数が増えている。医師らはこれをCFSと呼んでいる。

起床時に疲れを感じる4つの原因
フローニンゲン大学の学者らは、CFSの症状の多くが、しばしば体内のヨウ素不足が原因の一つである甲状腺ホルモンの慢性的な不足という別の病気の特徴(だるさ、眠気、物忘れ等)と同じであることを発見した。

学者たちは、通常、甲状腺ホルモンが慢性的に不足している場合に指示されるヨウ素を豊富に含む食品を使った食事療法がCFSの患者に役立つかを調べる予定。

--------------------------------
私も似たプロセスを踏んでいる。
でも、もっと複雑。。。

最初は甲状腺機能亢進症でした。
私の県は地方で、専門科が少なく、
薬のメルカゾールを大量に飲んで居ました。
ですから、血液検査でTSH、FT3,FT4が乱高下していました。
適量が分からず、
結局、大量のメルカゾールによる機能低下症となり、
今回の報告の様な症状が発症しました。

やっと、専門科に見て貰い、亢進症と低下症の合併症となりました。
でも、疲れの度合いが低下症では説明出来ないぐらいであり、
他の病気が隠れていると言われ、
最終的に慢性疲労症候群に到達しました。

もしかしたら、的確な、薬の量で治療したら、
CFSにはならなかったかもしれない。

TSH、FT3,FT4が正常範囲に入っても、CFSの症状は消えませんでした。

真の原因は分かりません。
上述は私の仮説です。

論文に合わせただけです。
ヨウ素は除外しています。

論文
Higher Prevalence of “Low T3 Syndrome” in Patients With Chronic Fatigue Syndrome: A Case?Control Study
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fendo.2018.00097/full

Chronic fatigue syndrome (CFS) is a heterogeneous disease with unknown cause(s). CFS symptoms resemble a hypothyroid state, possibly secondary to chronic (low-grade) (metabolic) inflammation. We studied 98 CFS patients (21?69 years, 21 males) and 99 age- and sex-matched controls (19?65 years, 23 males). We measured parameters of thyroid function, (metabolic) inflammation, gut wall integrity and nutrients influencing thyroid function and/or inflammation. Most remarkably, CFS patients exhibited similar thyrotropin, but lower free triiodothyronine (FT3) (difference of medians 0.1%), total thyroxine (TT4) (11.9%), total triiodothyronine (TT3) (12.5%), %TT3 (4.7%), sum activity of deiodinases (14.4%), secretory capacity of the thyroid gland (14.9%), 24-h urinary iodine (27.6%), and higher % reverse T3 (rT3) (13.3%). FT3 below the reference range, consistent with the “low T3 syndrome,” was found in 16/98 CFS patients vs. 7/99 controls (OR 2.56; 95% confidence interval = 1.00?6.54). Most observations persisted in two sensitivity analyses with more stringent cutoff values for body mass index, high-sensitive C-reactive protein (hsCRP), and WBC. We found possible evidence of (chronic) low-grade metabolic inflammation (ferritin and HDL-C). FT3, TT3, TT4, and rT3 correlated positively with hsCRP in CFS patients and all subjects. TT3 and TT4 were positively related to hsCRP in controls. Low circulating T3 and the apparent shift from T3 to rT3 may reflect more severely depressed tissue T3 levels. The present findings might be in line with recent metabolomic studies pointing at a hypometabolic state. They resemble a mild form of “non-thyroidal illness syndrome” and “low T3 syndrome” experienced by a subgroup of hypothyroid patients receiving T4 monotherapy. Our study needs confirmation and extension by others. If confirmed, trials with, e.g., T3 and iodide supplements might be indicated


[PR]
トラックバックURL : https://cfsroad.exblog.jp/tb/29672797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by spika99 | 2018-03-24 16:33 | CFS | Trackback | Comments(0)